2019.08.02

カーテンタッセルでお洒落に?カーテンをまとめるアイテムが部屋の印象を変える!

カーテンアイテム

部屋のコーディネートにこだわるのなら、カーテンは外せない存在。カーテンは部屋の中で占める面積が大きいので、部屋の印象を決める重要なアイテムです。カーテンをおしゃれに見せるポイントの一つとして「カーテンタッセル」を利用する方法があるのをご存知でしょうか。普段はあまり気にしない「カーテンタッセル」ですが、実は「カーテンタッセル」にこだわることで、部屋のおしゃれ度はぐっと上がりますよ。

カーテンタッセルとは?

「カーテンタッセル」とは、カーテンを開いた時に広がらないよう束ねておくバンドのことです。
単なるバンドとして、カーテンとセットのものを使う人も少なくないようですが、最近では豊富な種類のカーテンタッセルが販売されており、インテリア感覚でカーテンタッセルだけ取り換える人も増えています。カーテンそのものは交換しなくても、タッセルを変えるだけで部屋の印象はガラリと変わり、ちょっとした模様替え気分が楽しめますよ。
これから部屋の模様替えを考えている人、カーテンの交換を考えている人は、タッセルにもこだわって部屋の雰囲気をおしゃれに演出してみてはいかがでしょうか。

カーテンタッセルの種類

最近ではインテリアショップや、家具店でもカーテンタッセルコーナーが設置されていることがあり、カーテンタッセルの人気の高まりを感じます。簡単に部屋の雰囲気をチェンジできるカーテンタッセルですが、それでも失敗してしまうと気分が落ち込んでしまいますよね。そこでカーテンタッセル選びを失敗しない為にも、まずはその種類と特徴をご紹介します。

フックタイプ

フックタイプは壁の房かけにかけるオーソドックスな形状です。「カーテンを束ねるバンド」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、このタイプではないでしょうか。フックタイプは、カーテンを包み込んで留めるので跡がつきにくいのが特徴ですが、壁にフックがついていないと使用が難しいのがネックです。後付けでフックを取りつける方法もありますが、マンションやアパートといった賃貸住宅では難しいので、窓にフックがある家にオススメと言えます。またカーテンの長さや太さによっては、留まりきらない場合もあるので、購入の際にはサイズにも注意しなければなりません。

マグネットタイプ

安定感があり、どんなカーテンでもしっかり留められるシンプルな形状が、マグネットタイプの特徴です。最近では非常に人気が高く、インテリアショップや家具屋で見かけることも多くなりました。ただし厚手のカーテンに使用する場合、マグネットの強度が弱いものだと留まりきらないこともあるので、マグネットタイプのタッセルを選ぶ時には磁力の強度もチェックしてください。

クリップタイプ

クリップタイプは、カーテンを簡単に留められる形状で、アレンジが効きやすいのがポイントです。横留め・縦留めとその日の気分でアレンジできる上に、カーテン以外にも留め具として使用できますよ。
ただし開き幅には限界があるので、厚手のカーテンだと留まりきらないこともあります。素材によってはカーテンに引っかかってしまうこともあるので、繊細な素材や薄手のカーテンに使うのも控えた方がいいですね。クリップタイプを選ぶ時には、カーテンの素材や厚みのチェックが必要です。

ワイヤータイプ

ワイヤータイプは、自由に形を変形できるのが特徴のカーテンタッセルです。カーテンに跡がつかないので、どんな素材のカーテンのも使用できますよ。カーテンの厚みに対してワイヤーの長さが足りない場合でも、輪の中に収まりきればしっかり留められます

カーテンタッセルの選び方

次にタッセルを選ぶ時のポイントをご紹介。何を重視して選ぶかは人によって異なるので、代表的な色・素材・デザインに項目を分けて解説します。

色で選ぶ

カーテンと同系色を選ぶ

カーテンと同じ色合いのタッセルなら、あまり目立ちすぎず大人しい印象にまとめられますよ。派手さは求めず、落ち着いたおしゃれを楽しみたい人には、カーテンと同系色のタッセルがオススメです。

カーテンとはまったく違う色を選ぶ

あえてカーテンと違う色のタッセルを選ぶと、ちょうどよいアクセントとなり、見た人におしゃれな印象を与えられます。カーテンやインテリアを落ち着いた色でまとめ、タッセルだけ鮮やかな色を選んで目立たせるのもいいですね。

素材で選ぶ

現在販売されているタッセルには、さまざまな素材のものが用意されています。部屋の雰囲気や、カーテンの素材に合わせて選ぶのもよいですが、カーテンタッセルはよく触るものなので比較的汚れやすいことで知られています。頻繁に洗濯することを考えると、洗いやすい素材や汚れにくい素材を選ぶといいですね。一般的には、ポリエステル素材やファブリック素材などが洗いやすく、汚れにくいとされています。他にもワイヤー素材は汚れにくいのでオススメですよ。

デザインで選ぶ

インテリアとしても注目を集めているカーテンタッセルには、デザイン性の高いものが多く登場しています。

植物モチーフのタッセル

花をモチーフにしたタッセルは、部屋の雰囲気を華やかに彩ってくれるでしょう。葉っぱモチーフのタッセルは、シックで落ち着きのある雰囲気を演出してくれますよ。

動物モチーフのタッセル

カーテンを、動物のぬいぐるみが留めてくれる形状のタッセルも登場しています。ぬいぐるみとしても使用できるので、小さなお子さんのいる部屋などにもオススメです。

フリンジ付きのタッセル

フリンジのついたタッセルは、重量感があるので、部屋をゴージャスな雰囲気に演出できるでしょう。カラーも多数揃えられていることが多いので、部屋やカーテンに合った色が選べますよ。

リボン付きのタッセル

タッセルにサイドリボンを組み合わせたものや、カーテンの生地をリボンの形状に仕上げたものなどがあります。可愛らしいデザインのものが多く、女性に人気が高いカーテンタッセルの一つです。

パールのタッセル

パールタイプのタッセルを選べば、部屋が一気に上品でエレガントな雰囲気となりますね。パールの大きさが揃ったものから、大小さまざまなサイズのパールが散りばめられているものがありますよ。

ウッドビーズのタッセル

シンプルなデザインでありながら、程よい存在感を醸し出してくれるウッドビーズタイプのタッセルは、部屋の雰囲気を大きく変えてくれます。北欧テイストやナチュラルスタイルの部屋にオススメです。

まとめ

今回は部屋をおしゃれに見せてくれるカーテンタッセルの種類について紹介しました。
カーテンタッセルは、タイプや色、素材にデザインなどさまざまな種類が販売されています。カーテンや部屋の雰囲気と合わせてコーディネートすることで、今よりさらにおしゃれな雰囲気に部屋をまとめることができますよ。
カーテンタッセルは、小さくても存在感が抜群なので、今まではこだわりがなかった人も、これを機にカーテンタッセルを買い替えてみてはいかがでしょうか。