2019.08.02

カーテンレールの種類と取り付け時の注意点を解説!

カーテンアイテム

お部屋のリフォームや模様替え、今までのカーテンレールではちょっと似合わないかも?と思った時や、古くなってしまいレールがうまく動かなくなってしまった時にはカーテンレールを交換したくなりますよね。しかし、カーテンレールの取付けは高い場所での作業になりますし、レールの位置を間違えるとかえってみっともなくなってしまいます。
カーテンレールを修理するときや、新たにカーテンレールを取りつける時には、気をつけるべきポイントがいくつかあります。今回はその注意点についての説明です。

カーテルレール取り付け前の注意点

まずカーテンレールを購入する時に注意することは、取りつける窓と使うカーテンに最適なカーテンレールを選ぶことです。カーテンレールを取りつける位置や、商品によっては通常の方法では取りつけられない場合もあります。窓や部屋によっても変わるため、取りつけ位置に問題がないかは、業者に確認をしてもらうのが一番です。

カーテンレールの種類を選ぶ

カーテンレールのタイプ

一般的なカーテンレールには「シングルカーテンレール」と「ダブルカーテンレール」があります。カーテンを1枚だけ取りつける場合には、シングルカーテンレールで済みますが、厚手のカーテンとレースカーテンを取りつける場合には「ダブルカーテンレール」となります。
カーテンレールの長さは、窓幅よりも両端を15センチ~20センチ程長く取らなくてはいけません。なぜならカーテンを開けて両端にまとめた時、窓を遮らない位置にまとまる余裕が必要だからです。厚手のカーテンになるほど余長を長くとるようにしましょう。
デザインや色を選んで、室内のイメージに最適なカーテンレールを選ぶことも大事です。統一感のあるものを選ぶことで、窓のデザインがすっきりしてお部屋の印象も良くなります。

カーテンレールの種類

カーテンレールには、一般的な機能重視の「機能性カーテンレール」と、デザインを重視した「装飾性カーテンレール」があります。

機能性カーテンレール

機能性カーテンレールは、ホームセンターなどでも販売していますし、比較的安価で購入できます。機能性カーテンレールはその名の通り、カーテンの開閉をスムーズに行うことができ、開け閉めの際にもカーテンへの負担がないというメリットがあります。

装飾性カーテンレール

一方の装飾性カーテンレールは、見た目にもこだわった素材を使った商品が多いです。素材も木製や金属製など、さまざまなものから選ぶことができます。真鍮などを使った個性的なデザインも多く、部屋のインテリアやイメージに合わせて選ぶことができます。しかし素材やデザインにもよりますが、機能性カーテンレールに比べて価格は高めの設定です。

その他のカーテンレール

最近の窓枠にはカーテンレールが一体化した、面倒なレールの掃除がいらない窓枠も登場しています。その他には出窓などの曲線部分に合わせて曲げることができるカーテンレールや、窓の大きさに合わせて長さを調節できるカーテンレールも登場しています。

カーテンレールの予算

取付け費用をおさえたい場合には、インターネットなどで価格の安いカーテンレールを購入し、取付けは業者に委託するという手段もあります。メーカーや機能にこだわりがなければ、型遅れや業者が抱えている過剰在庫を安く購入する手段もありますので、業者に問い合わせてみるとよいでしょう。
室内の雰囲気に合ったカーテンレールを取付けすればいいのかは、実際にどのような商品があるのか理解しなければ選びにくいと思います。迷った時は業者にするのが1番よい方法です。相談するときの注意は、業者は条件に合った商品を選んでくれますが、想定していた予算より高くなってしまうことがあります。業者に相談する時は、必ず事前に決めた予算内で選んでもらいましょう。

カーテンレールの取り付け方

機能性または装飾性レールと、ブラインドロールスクリーン用レールの場合の取り付け方についてご説明します。

機能レール、装飾レールの取り付け方

①サイズを決める
サイズは、伸縮するレールであれば、窓枠に対して左右に7〜12cm長くしてください。伸縮しない定尺レールであれば、事前に窓を計測し、窓枠から7〜12cm長いもの注文するようにしましょう。

②取り付けする
ブラケットを取り付けます。このとき、窓枠から5〜10cmほど離すようにしてみてください。ブラケットは左右対称に設置し、等間隔に置いていきます。

③レールをつける
ブラケットができたら、レールをブラケットにはめます。伸縮レールであれば、長さを調節しながら取り付けるようにしてください。レールは、窓より7〜15cmほどはみ出すようするとよいでしょう。

④固定する
ブラケットとレールをネジで固定すればOKです。

ブラインド・ロールスクリーン(おまけ)

おまけとして、ブラインド・ロールスクリーンの付け方もご紹介します。
ブラインド・ロールスクリーンは「自分ではつけられない」と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、ブラインド・ロールスクリーンも自分で取り付けることが可能なので、是非試してみてください!

①準備
ブラインド・ロールスクリーンの付け方は2種類あります。天井付けと、正面付けです。天井付けは、窓枠の中に入る取り付け方法、正面付けは窓枠を覆う形で光の漏れを防げる取り付け方法です。どちらが部屋にあっているか、選んでみてください。

②取り付け方
【天井付け】
1.窓枠の内側上部に、ブラケットを取り付けます。このとき、窓枠の端から4〜6cm内側に取り付けるのがポイントです。
2.ロールスクリーンの本体を取り付けます。本体の耳の部分をブラケットのツメに引っ掛けます。音がするまで押し込みます。
【正面付け】
1.ブラケットを窓枠に取り付けます。正面付けの場合、窓枠は2cm以上が必要となります。さらに、ブラケットを3箇所以上取り付ける場合は、窓枠から4〜6cm内側に取り付けていきます。このとき、一直線になるよう気をつけてください。
2.本体を取り付けます。ツメに引っ掛けて押し込む形で取り付けます。

カーテンレールの取付け・修理する時に注意すべきこと

自分で取りつける事が出来るのであれば、費用も必要ありません。しかしカーテンレールの取付けや修理には、高所での位置確認や、2m以上のカーテンレールを水平に取つけるための技術が必要です。取付けが困難な場合にはムリをせず、専門の業者に依頼した方がよいと思います。
自分でカーテンレールを取つける場合、カーテンレールを窓枠より少し上部に取りつけることで、上部から太陽光がもれるのを防ぐようにしましょう。しっかりした受けのない窓枠には、長めのビスで止めます。一般的に使われているダブルレールの場合、約90cm間隔で止金具をつけるとよいでしょう。その際カーテンレールはカーテンの重さに耐えなければなりませんので、止金具はしっかりと取付けてくださいね。

まとめ

カーテンレールは費用を抑えて取付け・修理したい場合には自分でもできますが、レールの種類によっては取付け不可能だったり、特殊な加工が必要だったりする場合もあります。
最近ではデザイン性の優れたカーテンレールも増えており、今までの窓枠に合わせたレールだけでなく、レールを天井に取付けて部屋全体をカーテンで囲み、部屋のイメージをおだやかに見せる方法も人気です。そのような専門的な知識や技術を持った業者に一度相談してみてください。カーテンレールとカーテンは部屋の雰囲気を良くするだけでなく、雰囲気をガラリと変えることもできます。